忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。


高校時代にK君という友達がいて、違うクラスなんだけれど仲良くしてた。特に思い出すのは体育でサッカーをしていた時。
K君は、絵にかいた様なスポーツマンでなんでも器用にこなせる人だったが、サッカーで彼がFWに居れば後ろからパスを出すだけで必ずゴールを決めてくれるような人だった。

もともと中学時代までDFをしていた私なのでフィールドのバランスを見る目は少しくらいあった様で、K君のお蔭でパスの楽しさを覚えた。
スルーパスもオーバーラップからのセンタリングも決めてくれる人が居るとかなり楽しい。あの時期どれだけアシスト数を稼いだか分からない。

ある日K君が休んだ日があった。私は気にしているつもりはなかったが体育顧問の先生が「今日はKが居ないんで円の力も半減だな」と言った。

なんだかその場面があれから20年弱過ぎた今でも記憶に強く残っているのはなぜだろう。

K君がいないことで私の能力は100%引き出されないのか?
その先生の言葉を聞いていて面白がったのはいつもK君と私のやりとりを見ていた現役サッカー班の友人達だった。「おもしれぇ!やってやろうぜ!円」と、私にボールを集めてくれた。ゴール前シュートチャンス、アシストパスをさらにパス返してくれる。「今日は円がゴールを決めろよ」と。

かなりのビッグチャンスでシュートを外し、皆にブーイング受けながら大いに笑った。そしてゴールを決めた時の嬉しさといったら言葉にならなかった。

その後のサッカーの授業ではゴール前に進む私の姿にK君も当初は面食らっていたが、すぐに理解して逆にアシストパスをくれるようになった。勿論私も前のようにパスを出す。より攻撃的に。K君の運動量に任せて。そうなるとゴールの量産なわけで。
正直私らの相手をさせられたチームはつまらなそうだった。



自分がどれだけ備えていても、様々な状況になった場合を検討していても、関わる人が多ければ多いほどその事柄は思うように進まない。

自分はやはり後ろから状況を俯瞰で観ていて、パスを出したり声を掛けたりするのが性に合っている。前線で戦っている人の様には動けないが、その動きを把握してアシストすることが好きだ。それは多分あの頃から変わっていない。

でも決してゴールがいつも決まるかいうと・・・そういうわけではない。K君のようなスーパースターばかりが全線にいるわけじゃないし、実はゴールそのものが見えてないとか、自分とは違うゴールを狙ってる人がチームにいたりするから。

そんなとき「なんで自分でシュートしないんだ!」「ゴールが狙えただろ!」「もう後はボールを入れるだけだったはずだ!」と評価されてしまうことも少なくない。
多分、自分でも気づいている。詰めが甘い。自分がゴール前に上げたボールを誰かが華麗にボレーなりヘッドなりで押し込んでくれると信じている。

キックは正確だと褒められるけれど、時にはゴールを狙ってもいいんじゃないかと言われる。
そんな時ふと、K君の背中や、サッカー班の仲間と一緒に走る姿が思い起される。

皆、元気かなぁ。
サッカーしたい。

拍手

PR
当ブログでも再三書いてますが、私は自他ともに認めるインドア派です。
好きなことはいずれも屋外でやること。ちょっとでも自分だけの時間が貰えたならコーヒー飲みながら座ってできることを実施するはずです。(今が正にそう)

そんな私ですが、誤解のないように書きますがアウトドアが嫌いというわけではないのです。むしろアウトドアグッズには興味がある・・・大好きです。専門店に入ったら結構な時間過ごせます。各雑誌でもキャンプ特集を組む時期ですから実はテンション上がってます。先日美容師さんとグッズの話で盛り上がってしまってキャンプは行かないけどグッズは欲しいというある種の矛盾を抱えているのは自分だけではないと分り安心しました。

正直なところ、テントもタープも設置できますし、寝袋もテーブルもキャンプチェアもあるから自宅の庭で全部完結してしまいたい。BBQやってスイカ割やって花火やって庭先で寝袋で寝るの。幸い田舎で星空みえますし、虫対策さえしっかりすれば十分楽しいはず。
意外と、真面目に、そんなこと考えています。

ダッチオーブンとかクッカーとかホットサンド用のフライパンとか見始めたらキリが無いんですけど、そんな本格的にやるつもりもない(設備のあるキャンプ場を借りて楽しむのが限界)という。「信州人は皆ウィンタースポーツできる」みたいな理屈でキャンプも釣りもできるみたいなイメージあるようですけど、そんなまさか。ちなみに私はスケートできません。

いつも自分でやる時はそこまで考えないですけど、野菜によっては先にオリーブオイルぬっとくとよいとか、肉も焼くときは強火ゾーンと弱火ゾーンを作っておくとかコツがあるみたいですね。私はいつも燃えるだけ燃えろファイヤーーー!て火おこししてしまうのでいけないのかもしれません。一度サンマで失敗してます。

七輪とか2~3人ようコンロとかもいいなぁ、なんて思うんですよね、そうなると。


・・・気づいたらまた、コーヒー片手に雑誌読んでる次第です。
(2017/06/25)

拍手

先日ソニーがPSVRの販売店拡大を発表しました。
商品そのものの売れ行きはどうなのか知りませんが、「VR」という言葉がメジャーになっていると思います。VRと聞くとゴーグル型のデバイスを皆イメージするでしょう。

臨場感を得る、没入感を高めるにはゴーグルが一番没入しやすく、映像としても出力しやすい、ということから、今の形がメジャーなんだと思います。この話をする時に、いつも引用しているので「またかよ」と思うかもしれませんが、このゴーグルタイプの理想としてはアニメ「オーバーマン キングゲイナー」に出てくるゲームくらいになればいいですね。サングラスタイプで寝転んでプレイでき、通信対戦しながらアバター介したボイスチャットも可能。

FPSやTPS(一人称視点、三人称視点のシューティングゲーム)なんかは勿論、自分がコクピットに乗り込むタイプの物は、カメラ視点と自分の視点がそれぞれ独立している、例えば乗り込んでいるメカのカメラは敵を捉えているが、自分の首を回せばコクピット内を見ることができレバー操作やスイッチの切り替えができる等、既存のゲームとは全く臨場感は異なるでしょう。
昔「機動戦士ガンダム」で、敵機に照準を合わせる際、パイロットは座席後方からスコープを引き出していましたが、そこまで再現されたら世のガンダムファンはたまらんですよ。操作性はどうかは別にして(笑)


ただ、こんな風に書いていくとVRて個人でしか楽しめないものだと勘違いしてしまいます。ゴーグルしてない人には何してるかわからないですしね。

そんなときゲームクリエイターの水口さんがRez infinityをドーム内でプレイするというイベントを開きました。正に個人で楽しんでいたVRを多人数で共有する実験だったわけです。確かに大がかりな仕掛けや装置が必要ですが可能性を広げてくれるイベントだったのではないかと思います。

そもそも私がイメージする「VR」というのは決してヘッドセットをして体を動かすというものではないのです。

SF作品で目にする、本来は無機質な空間に草原が広がったり波が打ち寄せたりっていうアレ。「長期に宇宙空間を航行する船員のための癒し空間」みたいな設定。

あれですよ、あれ。私がイメージするバーチャルリアリティというのは。窓とか壁に外の景色が映るとか、カーテンいらなくなるとかね。

ちょっと話はずれますがMR(複合現実)やAR(拡張現実)もすでにいろんなところで取り入れられてますよね。空間に画面が表示されたりキーボードを打ち込んだり。
知らない土地にいって地図やスマホをみるということさえなくなるかもしれませんね。装着したメガネに全部表示される、ヘッドホンが全てガイドしてくれる、とか。

前にモーターショーでシャーシにディスプレイがついていて好みで色が変えられるみたいな車ありましたが、社内側も変えられるようになっても面白いかなぁ、と。

話しがまとまらなくなってきましたが、とにかくこういう技術は日常生活に活きてこそ、と思いますので、どんどん普及していってほしいと思います。
(2017/6/21)

拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]