忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

anthemをプレイしての感想です。


 


一年くらい前?マイクロソフトのカンファレンスだかE3の時だったか忘れましたが、EAが発表してから注目していました。


結構発表から発売までが長かったので「満を持しての発売」という感じでしたね。


 


anthemはざっくりいうと、三人称視点のアクションシューティングです。TPSの部類に入るのかな?


プレイヤーは物語の主人公である「フリーランサー」となり、街の人達を守るために日々奮闘します。


基本的には「ジャベリン」と呼ばれるパワードスーツに身を包み街の外の脅威を排除したり、遺跡の調査をしたりします。


フリーランサーは職名と言っていいと思いますが、歴史的には人々を脅威から守る者達の総称として「英雄」の代名詞になっていたくらいなのですが、ある事件をきっかけにその評価は地に落ちています。そこから物語は始まります。


物語が進むと主人公(つまりプレイヤー)が凄腕のフリーランサーであると街で噂が広まり、人々から相談を持ち掛けられるようになります。危険地帯の調査などは勿論、それこそ家庭の事情から人間関係の相談まであります。


少しずつ人々の中で評価があがり、最終的にはそれぞれの分野のスペシャリストから依頼を受け、世界の存亡に関わる事件にも介入していきます。


フリーランサーが活躍すると街の治安がよくなり流通も活発になり、少しずつ街が賑わっていくのですが、その様子をみていくのも一興です。


 






作品の目玉である戦闘部分、つまりジャベリンスーツの能力について触れます。


重装備担当コロッサス、軽快な動き担当インターセプター、属性攻撃担当ストーム、どんな環境もおまかせレンジャー、の4種類があります。


当初、それぞれの表でも作って説明しようかと思ったのですが、それは他の方が詳細にまとめていただいているのでそちらを参照下さい。


あくまでもアクションもTPSも断然下手な私は使ってみた感想を書きたいと思います。


ストーリーはじめからいきなり4種類使用できるわけではなく、「パイロットレベル」が基準を満たすごとに制限が解放されていくシステムです。


装備については共通の物が多いですが、携帯火器にはコロッサスでは装備できないピストル系、逆にコロッサスしか装備できないランチャー系などの重火器という分類もあります。


MODを装備して性能を底上げするもの共通ですが、各ジャベリン専用MODがあり、共通の物とは比較にならない程高性能なので、基本的にそちらを収集するのが全体通しての主な流れになります。


火器、MODなどの装備の合計値=「ジャベリンのパワー」ということになり、パワーが高いほど各ジャベリンに設定されている特殊攻撃(いわゆる必殺技的なやつ)が強力になります。特殊攻撃は強力なのはもちろん、発動と同時にアーマー値が全快し無敵状態になるのでピンチの時に使用し一発形勢逆転的な使い方も可能です。


ジャベリンにはシールド値、アーマー値というのが設定されており、画面では格ゲーのライフバーの様に表示されます。敵の攻撃を


受けるとまずシールド値が減少します。コロッサス以外は常にシールドが展開しているイメージでシールドが破られるとアーマーが減少することになります。シールドは一定時間で回復するので、上手く回避することが重要です。ライフは時間回復ではないのですが、敵撃破時に一定の確率で出現するライフパックを取得することで回復できます。


コロッサスは特殊で、任意にシールドを展開しない限り直接アーマーに攻撃を受けることになります。シールドもバリアー的な物ではなく物理障壁の「盾」なので、構えている方向は防げますが、後ろから撃たれると当然ダメージがあります。他と比較して動きもモッサリしているため、クセが強いと言われてしまうかもしれません。


その代わり、シールドを構えながら突進することで軽い敵なら吹き飛ばしながら突進ができます。重シールドのMODを装備すればそのシールドダッシュの威力が3倍になるため大量の敵に飛び込んで轢き殺していくという暴れ技もできます。


もっと詳しく書くとそれぞれのジャベリン装備にはプライマー効果とデトネイター効果が設定されており、プライマー効果を敵に与えた状態でデトネイター効果のある攻撃を当てるとコンボが発生し、それぞれに設定された強力が効果を生み出します。


操作に慣れてきてコンボが決まってくると実はコンボを上手く使って攻略するゲームだと気づくはずです。自分のジャベリンにそれぞれの効果のある武器を装備しておくのも一つですし、他のプレイヤーと連携してコンボを決めるのも楽しいと思います。


簡単な例は、デバフの特徴がある武器(属性攻撃)を当ててから近接攻撃を当てるとコンボになります。


レンジャーだけ近接がプライマー効果(電撃メイスで殴る)なので、レンジャーで殴って他のジャベリンで殴るだけでもコンボになります笑


 






色々書きましたけど、銃を撃つのも格闘するのも楽しいゲームなので、単純に瞬間火力が強い武器を選ぶとか、高連射のマシンガンでも長射程のライフルを選ぶのも自由です。


私は始め白兵戦ばかりしていましたが、最近はヘビーピストルでヘッドショットして一撃で敵を倒す楽しみを覚えてしまいました^^;


全然当たらなくて下手くそですけどハンドガンて楽しいなぁと思いました。どの火器もそうですが構える姿がどれもカッコいいです。


 


パイロットレベルは最高30ですが、実はジャベリンパワーが300を超えたあたりで本編はクリアできます。


ちなみに私はレベル24でパワー310程のコロッサスで行きました。同行はレベル25のストームさんでしたが二人で危なげなくクリアできるレベルでした(といっても一回救助してもらいましたが。一撃死したのですが未だに何が起こったかわからないまま笑)。


本編クリア後も依頼は続くのですが、調子にのってソロで言ったらかなり痛い目みました。さすがのクリア後でした。かなり難易度が上がっておりました。


 


ということでまだまだ続けられそうです。めっちゃ楽しいので細かいバグが今後改善されたらいいなぁ。


拍手

PR


高校時代にK君という友達がいて、違うクラスなんだけれど仲良くしてた。特に思い出すのは体育でサッカーをしていた時。
K君は、絵にかいた様なスポーツマンでなんでも器用にこなせる人だったが、サッカーで彼がFWに居れば後ろからパスを出すだけで必ずゴールを決めてくれるような人だった。

もともと中学時代までDFをしていた私なのでフィールドのバランスを見る目は少しくらいあった様で、K君のお蔭でパスの楽しさを覚えた。
スルーパスもオーバーラップからのセンタリングも決めてくれる人が居るとかなり楽しい。あの時期どれだけアシスト数を稼いだか分からない。

ある日K君が休んだ日があった。私は気にしているつもりはなかったが体育顧問の先生が「今日はKが居ないんで円の力も半減だな」と言った。

なんだかその場面があれから20年弱過ぎた今でも記憶に強く残っているのはなぜだろう。

K君がいないことで私の能力は100%引き出されないのか?
その先生の言葉を聞いていて面白がったのはいつもK君と私のやりとりを見ていた現役サッカー班の友人達だった。「おもしれぇ!やってやろうぜ!円」と、私にボールを集めてくれた。ゴール前シュートチャンス、アシストパスをさらにパス返してくれる。「今日は円がゴールを決めろよ」と。

かなりのビッグチャンスでシュートを外し、皆にブーイング受けながら大いに笑った。そしてゴールを決めた時の嬉しさといったら言葉にならなかった。

その後のサッカーの授業ではゴール前に進む私の姿にK君も当初は面食らっていたが、すぐに理解して逆にアシストパスをくれるようになった。勿論私も前のようにパスを出す。より攻撃的に。K君の運動量に任せて。そうなるとゴールの量産なわけで。
正直私らの相手をさせられたチームはつまらなそうだった。



自分がどれだけ備えていても、様々な状況になった場合を検討していても、関わる人が多ければ多いほどその事柄は思うように進まない。

自分はやはり後ろから状況を俯瞰で観ていて、パスを出したり声を掛けたりするのが性に合っている。前線で戦っている人の様には動けないが、その動きを把握してアシストすることが好きだ。それは多分あの頃から変わっていない。

でも決してゴールがいつも決まるかいうと・・・そういうわけではない。K君のようなスーパースターばかりが全線にいるわけじゃないし、実はゴールそのものが見えてないとか、自分とは違うゴールを狙ってる人がチームにいたりするから。

そんなとき「なんで自分でシュートしないんだ!」「ゴールが狙えただろ!」「もう後はボールを入れるだけだったはずだ!」と評価されてしまうことも少なくない。
多分、自分でも気づいている。詰めが甘い。自分がゴール前に上げたボールを誰かが華麗にボレーなりヘッドなりで押し込んでくれると信じている。

キックは正確だと褒められるけれど、時にはゴールを狙ってもいいんじゃないかと言われる。
そんな時ふと、K君の背中や、サッカー班の仲間と一緒に走る姿が思い起される。

皆、元気かなぁ。
サッカーしたい。

拍手

当ブログでも再三書いてますが、私は自他ともに認めるインドア派です。
好きなことはいずれも屋外でやること。ちょっとでも自分だけの時間が貰えたならコーヒー飲みながら座ってできることを実施するはずです。(今が正にそう)

そんな私ですが、誤解のないように書きますがアウトドアが嫌いというわけではないのです。むしろアウトドアグッズには興味がある・・・大好きです。専門店に入ったら結構な時間過ごせます。各雑誌でもキャンプ特集を組む時期ですから実はテンション上がってます。先日美容師さんとグッズの話で盛り上がってしまってキャンプは行かないけどグッズは欲しいというある種の矛盾を抱えているのは自分だけではないと分り安心しました。

正直なところ、テントもタープも設置できますし、寝袋もテーブルもキャンプチェアもあるから自宅の庭で全部完結してしまいたい。BBQやってスイカ割やって花火やって庭先で寝袋で寝るの。幸い田舎で星空みえますし、虫対策さえしっかりすれば十分楽しいはず。
意外と、真面目に、そんなこと考えています。

ダッチオーブンとかクッカーとかホットサンド用のフライパンとか見始めたらキリが無いんですけど、そんな本格的にやるつもりもない(設備のあるキャンプ場を借りて楽しむのが限界)という。「信州人は皆ウィンタースポーツできる」みたいな理屈でキャンプも釣りもできるみたいなイメージあるようですけど、そんなまさか。ちなみに私はスケートできません。

いつも自分でやる時はそこまで考えないですけど、野菜によっては先にオリーブオイルぬっとくとよいとか、肉も焼くときは強火ゾーンと弱火ゾーンを作っておくとかコツがあるみたいですね。私はいつも燃えるだけ燃えろファイヤーーー!て火おこししてしまうのでいけないのかもしれません。一度サンマで失敗してます。

七輪とか2~3人ようコンロとかもいいなぁ、なんて思うんですよね、そうなると。


・・・気づいたらまた、コーヒー片手に雑誌読んでる次第です。
(2017/06/25)

拍手

カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]