忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。


高校時代にK君という友達がいて、違うクラスなんだけれど仲良くしてた。特に思い出すのは体育でサッカーをしていた時。
K君は、絵にかいた様なスポーツマンでなんでも器用にこなせる人だったが、サッカーで彼がFWに居れば後ろからパスを出すだけで必ずゴールを決めてくれるような人だった。

もともと中学時代までDFをしていた私なのでフィールドのバランスを見る目は少しくらいあった様で、K君のお蔭でパスの楽しさを覚えた。
スルーパスもオーバーラップからのセンタリングも決めてくれる人が居るとかなり楽しい。あの時期どれだけアシスト数を稼いだか分からない。

ある日K君が休んだ日があった。私は気にしているつもりはなかったが体育顧問の先生が「今日はKが居ないんで円の力も半減だな」と言った。

なんだかその場面があれから20年弱過ぎた今でも記憶に強く残っているのはなぜだろう。

K君がいないことで私の能力は100%引き出されないのか?
その先生の言葉を聞いていて面白がったのはいつもK君と私のやりとりを見ていた現役サッカー班の友人達だった。「おもしれぇ!やってやろうぜ!円」と、私にボールを集めてくれた。ゴール前シュートチャンス、アシストパスをさらにパス返してくれる。「今日は円がゴールを決めろよ」と。

かなりのビッグチャンスでシュートを外し、皆にブーイング受けながら大いに笑った。そしてゴールを決めた時の嬉しさといったら言葉にならなかった。

その後のサッカーの授業ではゴール前に進む私の姿にK君も当初は面食らっていたが、すぐに理解して逆にアシストパスをくれるようになった。勿論私も前のようにパスを出す。より攻撃的に。K君の運動量に任せて。そうなるとゴールの量産なわけで。
正直私らの相手をさせられたチームはつまらなそうだった。



自分がどれだけ備えていても、様々な状況になった場合を検討していても、関わる人が多ければ多いほどその事柄は思うように進まない。

自分はやはり後ろから状況を俯瞰で観ていて、パスを出したり声を掛けたりするのが性に合っている。前線で戦っている人の様には動けないが、その動きを把握してアシストすることが好きだ。それは多分あの頃から変わっていない。

でも決してゴールがいつも決まるかいうと・・・そういうわけではない。K君のようなスーパースターばかりが全線にいるわけじゃないし、実はゴールそのものが見えてないとか、自分とは違うゴールを狙ってる人がチームにいたりするから。

そんなとき「なんで自分でシュートしないんだ!」「ゴールが狙えただろ!」「もう後はボールを入れるだけだったはずだ!」と評価されてしまうことも少なくない。
多分、自分でも気づいている。詰めが甘い。自分がゴール前に上げたボールを誰かが華麗にボレーなりヘッドなりで押し込んでくれると信じている。

キックは正確だと褒められるけれど、時にはゴールを狙ってもいいんじゃないかと言われる。
そんな時ふと、K君の背中や、サッカー班の仲間と一緒に走る姿が思い起される。

皆、元気かなぁ。
サッカーしたい。

拍手

PR
◇突然ですが・・・。
と言っても初めてではないですが、当blogを無期限凍結したいと思います。「凍結」といったのはなんだかかっこいいから休止とかだと書きたくなったりしたとき困るし、もったいない気もするし、そもそも止め方がわからないし。

今年5月に転職、6月に建てた家に引っ越す、という結婚、出産に続き人生のビッグニュースが立て続きまして・・・正直疲労困憊しております。

勿論楽になるなんて思っていませんが、兎に角やらなくてはいけないことが沢山ありすぎて、家のこと、仕事のこと、子どものこと、それらが怒涛のように押し寄せ、夫婦共々激流の最中やっと立っているという感覚で過ごしています。

本当にずくがあれば(根気があれば、というニュアンスのこちらの方言)、「家がここまでできましたよ―」「引っ越し準備が始まりましたよ―」とか書いてましたよ?やりたかったんですよ?

これは再三の話ですが、当blogのコンセプトというか大まかな方針としたら、私の好きな物を好きな様にダーーッと書き連ねていく、言いっぱなし(書きっぱなし)というものです。読みやすいかどうか、他人の意見がどうだ、というのは一切関係なしでドバーーッと書きなぐるという。
だから書くときのテンションとか気分で全く違うものになって表現も変わったり、形態も様々になりました。そういうのが楽しいと思ってやっているので本当に他人様にはどうでもいい内容ばっかりだったかと思います。
好きな物と言えば、それこそ本当は映画の予告とか音楽やゲームのPVを貼り付けて色々語ったりしたいわけですけど、ただ、今、それをやろうとすればblogより手軽で便利なツール、アプリケーションは沢山あるんですよね。何もわざわざPCに向き合わなくても、というような。
(語弊があるといけないのですが、私は本来はわざわざPCに向き合うのが好きです)

なので他の場所でまたゴニョゴニョ言ってるかと思いますが、こちらは一旦止めたいと思います。

よい思い出として、また、書き物をしたいという意欲を忘れないようにここは残しておきたいと思います。

ではまた!

◇いつものあとがき
やっぱり思いの丈をガガガとキーボード叩いて好き勝手書く感覚はいいねぇ~。
もっとおっさんになったら書き物するんだ、ムーミンパパみたいに。パパの書いてるのは自伝だけど。
・・・お?でもここもある意味自伝みたいなもんか。

拍手

◇うわ~い
湯が降りましたね。
気が付いたら冬・・・というか年末ではないかーー!!

寒さが厳しくなって、やはり信州のこの時期の空気は冷えすぎて「痛い」。

これが来ると寒さに凹む気持ちと、なんか「本番キターーーー!」的な昂揚する気持ちと、相反する感情が芽生えるのは雪国育ちの性でしょうか。

皆さんも何かとお忙しい時期でしょうが、覗いてくださって感謝です。
といっても大した事書くわけじゃないので悪しからず・・・。


なんだろう、書く前にもう反省モードです。


◇前回予告したようなものなので
子どものことを書きたいと思います。

長男は4歳を過ぎて、大分一丁前なこと言ったりやったりするようになりました。とは言っても「4歳」であり、「男子」であり、且つの「私の息子」という状況があらゆる部分で嫁さんの癇に障るようで、しょっちゅう喧嘩してます。

我儘ではないけど自分本位、口はきくくせに人の話きいてない、時々意味不明な理由で泣き叫ぶ。

私としたら、そういうもんだと思ってますし、自分が長男くらいだった頃の事を考えたらきつく注意できないような心情になるのですが、嫁さんには理解できず、頭に血が上ると「わざと嫌がらせでやってるんじゃないか」と考えてしまうわけです。
なんというか、見事にかみ合わないというか、いや、むしろかみ合っているのか、長男が嫁さんの地雷を踏む確率が異常に高い。
嫁さんは富士山頂に住んでるのかと思うくらい沸点の低い人なので(その変わり冷めるのも急速ですが)朝から激昂していることだってざらですし。
まぁ、ある意味仲がいいのかなぁ。ご近所さんには大変ご迷惑だと思います。本当に申し訳ないです。

とまぁ、そんな長男は保育園で一番仲が良いのは女の子なんですよね。奇跡的に以前から当ブログを読んでいただいている方は覚えていらっしゃるかもしれませんが、乳幼児クラスの時から大体女の子と遊んでいるのです。
さすがに最近は男の子連中とヒーローごっこもしていますが、女の子と遊んでいることが多いようです。
そんな中、互いに「今日保育園で一緒に遊んでくれなかった」と親に報告し合うことで(すでにここでバカップルフラグたってる)、親同士も互いに認識して距離が近づき仲良くなったということが起こりまして。気が付いたらなんだか互いの家を行き来して遊ぶくらいになってました。
当の本人達はイチャイチャしていたら急に喧嘩をし始め、気が付いたらまたイチャイチャしているというバカップルっぷりを発揮していて、保育園の先生方や親にもほぼ公認状態で。
長男は「結婚する」と言っておられます。お前そのキューピー体型でよく言うわ。女の子の方は「それはわからない」と。女子のが冷静です。

もちろん結婚は冗談にしても、幼馴染はいいよね~。
これからも仲良くあって欲しいです。

次男も1歳過ぎましたがまだ歩きません。誕生日3日違いの兄ちゃんが自立したのが1歳のクリスマスだったもんね。大体一緒なのかね。
今は第2匍匐前進してます。片膝たてて小銃抱えながら前進するのって第2でしたっけ?
お菓子の袋を抱えながら「これ開けろや!」と親父に向かって前進する様は正に戦場の兵士。そんな時は私は決まって思うのです。
「そこまで食に対して熱心なら、立って歩いてこいや!」と。
いつも喰ってます。断乳してからひどいです。すっかり人間が変わっちまったぜ、あいつぁ。

今年も順調に(?)具合が悪くなりましたが回復傾向で良かったです。やはりうちもRSウイルスでした。とても不謹慎ないい方ですが、もはや恒例のイベントの様なもので仕方のない事ですね。保育園にも行ってるし、この時期はそうなるって思ってないとダメですね。
山は乗り越えたと思ったのでこのまま何事もなく年始を迎えられたら良いなと思ってます。


◇コミック
と言っても最近は月刊誌の単行本しか買わなくなりました。週刊誌は全く読んでないすね。某ゴムゴムの人とか、巨人の人とか。ラーメン好きな人の連載終わっちゃったとか、個人的になんら関心がないことを残念に思います。
ではなんでマンがの話かというと、遂にあのアプリを動かしてしまったのです。なんていうんですか?電子書籍?
本ではないので。めくる作業がないので体感的には寂しいですが、便利。とても良い。小説なんかも色々落としてみましたが、結局漫画を欲しくなって、選んだジャンルがラブコメ。

なんで??

思うに、モンハンやりながらずっと嫁さんの韓流ドラマチラ見してたからです。少女漫画原作とかもあるんですよね?

何でも良かったんですが。絵柄がかわいかったので「我妻さんは俺のヨメ」というマガジンに連載していた漫画を読んでみました。

※注意しておきますが。当ブログはどんな媒体もがっつりネタバレします。隠したりもしないので読むのは自己責任でお願いします。

物語は、冴えない高校生の主人公がある日タイムスリップの能力に目覚め、10年後にいったら学園アイドルのクラスメイトと結婚していた、っていうのび太&静ちゃんから始まる王道です。
個人的には恋愛のパートよりも、主人公とその変態な友人たちとの絡みが一番楽しかったので、読み進めてみました。
中盤も主人公の実直さや友人思いなところ、自己犠牲の精神など、恋愛パートにつながっていくであろう伏線が沢山あって、主人公に共感できていくし、そのエピソード一つ一つも良い話だと思いました。
が、中盤以降主人公がヒロインの我妻さん(川合伊代菜ちゃん並のネーミングセンスナイス)にフラれてからの展開がイマイチでした。パーフェクトなヒロインにダメな主人公を釣り合うようにしていく過程が面白いはずなのに、なんだか余計な展開が多く、お約束的に主人公を好きになるサブヒロインも出てくるのに、そんなに盛り上がらず(序盤の第1巻の時にすでに、運命が変わってしまいサブヒロインと結婚している場面も出てくるのに)。主人公が我妻さんのために必死でがんばる過程を単純に描いてくれればよかったんじゃないかと思いました。

私ゃ、人生の早い時期から高橋留美子大先生の漫画を読んでしまったもんですから、ちょっとやそっとの展開じゃ納得できない自分がいて、呪いますけどね。だってこの漫画も中盤までは本当に面白いだもん。
後半のキャラ、特に先生たちは全然いらなかったな。サブヒロイン、DX団、葉隠あたりの主要キャラのエピソードでハチャメチャやってるのが楽しかったです。あれをもっと読みたかった。今、書いてて気が付いたんだけど、そもそもヒロインと恋愛する場面が少なすぎるのですよ。「高校3年のクリスマスに初めてキスした」というくだりずっと頭に入れながら読んでたけど、結局別れたまま卒業しちゃったし。途中で打ち切りになっちゃったのかな。と思うくらいの展開。最後にタイムスリッパーだと告白するなら、未来の我妻さんから現在の我妻さんに宛てた手紙で「あ、実は自分に書いてたのか」とピンとくるとかそういう展開もあったんじゃないのかな。

なんか消化不良だったので、ゆうき先生の「じゃじゃ馬~」と「パトレイバー」を1巻ずつDLしました。あとで読も。

◇影響されやすいから
結婚する意味とか、運命的な出会いとか、人生の分岐みたいなワードが沢山出てくるもんだからふと我に返って考えてしまいました。「付き合ってください。というか結婚してください。」的な台詞とかね。
嫁さん私と一緒になってくれてよかったなぁ。もっと大事にしなきゃ、と思いましたね。読んで良かったです。

拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]