忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。
◇今更デスが

当然ながら以前のようにPCを開けない(以前も毎日開いていたわけじゃないけどw)状態が続いていますので、どうしても時事ネタが古くなりますがあしからず。

と言っても更新が遅い言い訳をしてるつもりもありません。そこは本当にご容赦を。

今もKARAとAKBとモンキーマジックを今頃落としてきたばかりで(東方神起は姉が貸してくれるので保留)、「あ、このサントラも欲しい」「あらこんなコンピ盤もあるのね」とか目移りしてるんですがそこはグッと我慢。
以前よりも増した感のある、レビューという名の文句の捌け口を横目にみて失笑するのを楽しんだ後はインスト系をのぞいてきました。

なんかR&Bはメジャーじゃないけど何気に浸透が強いですよね。JPOPとか言ってるわりには聞いてみたら完全にそっち系だったりするし。
いや、完全に私の個人的な主観ですけど。

◇そいつは南南東

恵方巻きが浸透して10年くらいですけど、私は関東圏の人間ですから習慣付いていたわけではありません。でもこういう風習は楽しいですよね。
結構去年はどうでもよく過ぎていた節分ですが(豆まきはしましたけどね)、今年は豆まきの代わりに妻ががんばって恵方巻きを作ってくれました。
丁度南南東は部屋のストーブの方向だったので、二人で黙ってストーブを睨みつけながら太巻きをモシャモシャと食べます。このシュールな光景がまたなんとも・・・。
食事前に息子を寝付かせてあったので平穏に食事ができました。一応しゃべっちゃいけないってことですからね。

ちょっと仕事で調べる機会があったんですが、「福を巻く」→「七福神」にあやかって7種類の具材を使うところもあるそうな。そういう意味ではうちのは「なんちゃって恵方巻き」かもしれませんが、妻が上手に作ってくれたので食事的にも満足でした。
気が付いたら1合分食べていた自分・・・。まぁ酢飯だからいいか、ハハ。

◇話題的に遅れすぎですが

いつか書こう書こうと思っていて遂こんなに経ってしまいましたが、流石にちょっと書こうと思います。

昨年になってしまいますが、アニメーション監督の今敏監督が亡くなりました。
私は次回作がそろそろ出る頃かなと思っていた矢先でしたが、兄のブログで知りました。
亡くなったことはおろかガンという病だったことも、ファンであったにも関わらず全く知りませんでした。監督のブログには正に遺書、最後の言葉が残っています。まだまだこれからという時に死んでしまう無念さと、それでも全力でやってこれたという自負、恩師や家族への感謝が綴られています。

正直私はこれを書いている時点でも手が震えるくらい(マジです)悲しいです。残念でなりません。
「東京ゴッドファーザーズ」のアメリカでの試写会で現地のファンが映画館で爆笑しているところを安堵の表情で観ていた監督の顔が思い出されます。あの時は本当にお元気そうでした。

私がアニメーションに魅了されるきっかけはもちろん大友克洋の存在ですが、一番好きな監督は、と聞かれたらちょっと悩みます。今敏監督は私の固定概念を横からハンマーで打ち砕き、アニメーションの底の広さをまざまざと見せつけてくれた存在と思います。

恥ずかしながら初の出会いは、と言われたらあんまり覚えていません(笑)大友監督の時のようにムックや原作、コミックを買い漁るということも無かったですが、ただただ手がけた作品は買ったり借りたりダビングしたりで繰り返しみたように思います。
中学生時、美術の先生がとても気さくな先生で、サッカーの朝練が終われば美術室に行き授業始まるギリギリまで先生とホビー誌片手に談義していました。
先生にしてみればいい迷惑だったと思いますが、その時に「大友の『彼女の思い出』がアニメ化されるよ」と『MEMORIES』のことを教えてもらったのが、今敏を知るきっかけだったのかな。

『MEMORIES』は大友漫画などを原作にした3話オムニバス形式のアニメ作品ですが、その中の1作品『彼女の思いで』の脚本をしているのが今敏でした。

その後平沢音楽と共演した「千年女優」で完全にハートを鷲掴みにされます。色々今監督関連のムックを読み漁り、監督が好きという小説などの作品も読み漁りました(筒井本が大半でしたw)。
私の良い所でもあり悪い所でもありますが、自分の好きな(尊敬する)人が自分と好みも一緒だったりすると「やはりこの人とは波長があう!」とすぐ都合よく解釈してしまいます。今敏も正にそれで「やっぱり現実と想像の融合だよなぁ!」とか知ったかぶって妄想したりしてました。

「東京ゴッドファーザーズ」、「妄想代理人」、「パプリカ」と重ねるごとに今ワールドの深みにはまっていくようでした。私も社会人になり、一応それなりに見識が広くなっていく中で、作品で描かれる世界にさら没入することができたように感じていました。

このブログでも当時書きましたが、以前に「アニクリ15」という短編がNHKで放映されていたのですが、多くのクリエーターが参加された中で今敏の名もありました。マクロスばりに変形するNHK本社ビルとか(もちろん河森監督)楽しんでみてましたが、今敏作品だけ見れずに放送期間が終了してしまって非常に残念に思っていました。
その後NHKが気を利かせてくれて(?)「アニクリ15」をさらに編集したものを再放送してくれて助かったんですけどね^^;
一目見て今敏作品とわかるそれは、新海誠や押井守などの作品とは、正直比べ物にならないほどの高いクオリティでした。「流石手を抜かないなぁ」なんて思ったものです。

「パプリカ」の時も、当時付き合い始めた頃の妻に半ばあきれられながら観に行ったんですけどね。

46という若さで逝った監督ですが、生きていれば、まだまだ最前線でアニメ業界を引っ張っていってくれた存在に違いありません。多様化しているメディアに反して作風が同一化し同じような作品が乱立している昨今で、この閉塞感を打破してくれたはずです。

本当に残念で残念で仕方ありません。生前VHSからDVDに今作品を書き移して「マイベスト盤」を作ったんですが、まだ哀しくて一度も観る気になれずにいます。
ご冥福を祈ります。今監督本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。



なんだか暗いトーンになってしまいましたが、取りあえず拙くても書けて良かったです。

ホッ。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]