忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。


普通こういうのは本人が記録するのが一般的なような気がするんですが、客観的にみた、私目線で、ということで書きたいと思います。
まぁ多分妻もmixiあたりで別に書くと思うんですがそれはまた別のお話、ということで。

妻が有休消費しながら入った産休がちょうど2週目になりそうな先週末。(10月の頭が予定日だったので)お産前の貴重な3連休ということで妻に休んで貰おうということになりました。
産後は授乳するのに少なからず悪影響で、食するのを控えた方がいいというカレーライス。
本人の中でコーラと並ぶ、超ド級嗜好飲料であるクリームソーダ。
後その他もろもろを私が用意・・・みたいな計画でした。

職場においてあった雑誌「オレンジページ」に丁度カレー特集の記事がありましたので、それをもとにパプリカ入りのチキンカレーを作ってみました。
普段はポークカレーなので手順も変えましたし、私もカレーを作るのが久しぶりだったので、序盤に鍋底をちょっと焦げ付かせてしまいましたが(初めに鶏肉とパプリカにだけ焼き目を付けようと思って炒めたら油が少なすぎたようです)、無事完成しました。
二人で(私は違いますが)これで喰い収め、という勢いで食べ、妻は珍しくおかわりしてました。
クリームソーダの方は、前は強炭酸水とカキ氷用のメロンシロップを買ってアイスを適当にぶち込んで作ったんですが、今回はシロップがシーズンオフに突入してしまい、スーパーの棚から消えてしまっていました。
しょうがないので妻にメールしたところ「CCレモンフロートでいいです」という返答が。
しぃしぃれもんふろぅとぉ!?

聞いたことないし、コーラフロートじゃないんだ、と思いつつCCレモン購入して帰りました。
家で用意すると、飼育員から大好物のえさをもらう動物よろしく目をキラキラさせながら、その聞いたことない黄色い飲み物を飲んでおりました。
上部のアイスが溶け始めて炭酸と融合して泡状になってくると色味からして、思いっきり身体に悪そうな感じでしたが、まぁ、いつも飲むわけじゃないからいいか。



そんなこんなで過ごしていた日曜日。朝起きてきた妻が「なんだかお腹が痛い」と訴えました。
その時は鈍痛な様子なので、安静にしていよう、と言っていつも通り過ごしていました。
昼食過ぎから痛みが定期的になってきて「これ陣痛かな」「連休中に産まれたらいい子だね」なんて話もしていました。

それから横になっていた妻ですが、4時過ぎに起きてきてからますます痛みが増してきている様子。
一応妻の両親に連絡しておくことにしました(ちなみにその時私は東京ゲームショーで公開中のPVみてたり、MHFやってたり^^;)。
夕飯は食べましたがほぼ休み休みという感じ。ちゃんと味わって食べれてはいなかったと思います。
二人とも初めてなので「これ陣痛かな?陣痛だよね?」と確認しあいながら、痛みが5分間隔になってきたあたりで本当にお産になっちゃうんじゃないかと思い始めます。入院になればしばらくお風呂も入れないので入っておくことにしました。
21時過ぎに改めて妻の両親に連絡し、産婦人科にも連絡。もちろんその時は誰も今日出産とは思っていませんから「もうちょっと様子みましょう」「寝れちゃったら寝ちゃって」という返事でした。

しかし深夜になっても痛みが引かず、これは絶対寝れないという状況になって、もうこれは病院行こう、と妻を説得して出かけました。妻がしっかりと準備していたので、バッグを持って出るだけでしたが、車に乗り込むときに妻が辛い表情で「カレー食べといて良かった」と言ったのは忘れません。



産婦人科についたのが深夜12時を回っていました。すぐに『陣痛室』に入りました。分娩室の前に準備する部屋みたいなものでしょうか。
子宮口の開き具合からみて今日出産ということになりそのまま入院。
妻は5分より短くなってきた陣痛の痛みと戦っています。腰(骨盤)が非常に痛むと訴えるので、腰をさすっていました。
時間は深夜1時~2時。妻ががんばっているのに不謹慎と思いつつ眠気が襲ってきます。あの油断すると気を失う感じのアレです。妻も腰をさすってもらってないときついのと一緒で、私もさすってないと一瞬で落ちそうだったので、なんとか意識を保とうちしていました。30分おきに看護師さんも来てくれ「奥さんの痛みが引いた時は止めて少し休んでもいいですよ」と言ってくれるのですが、とんでもございませんといった心境でした。
腰をさすってばかりもなんですからと思って声を掛けたりすると、全部裏目に出てしまい、妻に怒られるので、本当に無力感を味わいます。あぁいう時は何もできないもんですね。

子宮口の大きさが10㎝になったところで陣痛室から分娩室に。私は陣痛室にあった荷物をを入院する部屋(病室でいいのかしら)に運んでいたのですが、全部片付けてしまい、「アレはどこだ」「これはどこいった」と何回か分娩室と部屋を往復することになりました。自分では平静なつもりでいましたが動揺してたんでしょう。
分娩室に入ったのが深夜2時過ぎでした。「この調子だったら3時か4時かなぁ」なんて助産師さんも言ってくれ、妻はそれを一縷の希望と「それならもうちょっと頑張ろう」と戦っています。
私は分娩室に入ったら(ドラマとかの影響で)もう結構佳境なのかと思ったら、そこからさらにまだ1段階がんばりが必要な感じなんですね。子どもの方も出ようとして、母親も出そうとして、お互いの協力で最終段階へと進んでいく感じです。
当の私はひたすら腰をさすっているだけですが、後で聞くと少しは助けになっていたようです。
妻がイキみはじめると、もうこっちも眠いなんていってられません。手を握ってあげるのですが、こっちの手を握りつぶされそうになります。ベッドの脇の取っ手をもっている片方の手も、その取っ手をもぎ取りそうな勢いです。
30分、1時間と過ぎていくうちに相当体力を使っていることは見た目でも明らかです。眠いのもあったと思うんですが、妻の視線は定まらないし、朦朧としている様子です。
オロオロ心配はしますが、汗を拭いてあげることぐらいしかできませんでした(ちなみにこれもやりすぎると拒否られます)。
4時が過ぎ、私も内心「まだ続くんだろうか・・・」と思い始めた頃に助産師さんに呼ばれて医師の先生がきました。
5時近くになって「もうあと30分くらいかなかぁ」と先生が言ったときに妻は完全にショックを受けてましたが「すごい順調なんだよ。(一般より)早いくらいだよ。」と助産師さんに励まされ、最後の力を振り絞ります。
私は散々職場の同僚や友人に「絶対泣く」と言っていたんですがねぇ。いざその瞬間を迎えたときには頭の中は驚きと感動と安堵と、色々ぐちゃぐちゃになってあっけにとられて見ていただけでした。

5時28分。無事に長男誕生。産声は思いのほか元気いっぱい。一声一声が感動を与えてくれました。
妻と喜びを分かち合ったのも束の間、彼女に約束していた通り(というか言われていた通り)ハッピーバースデーを歌ってあげました。全然聞こえてないはずですが泣き止んでくれたのがうれしかったです。


ふと妻と冷静になってから改めて色んな意味で驚いていました。
え?予定日より3週間以上早いけど?産まれちゃったけど?でも3Kg弱の十分な身体だけど?
予定日通りに産まれたらどうなってたんでしょうか。いや、そもそも3週間前に産まれちゃうってあるんでしょうか。
先生がボソッと「予定日9月25日だったのかも・・・」と言ったのには二人で笑いましたね。
部屋にもどって荷物を整理して、分娩室でまだバイタルチェックしている妻の横に戻った時には私も気がついたらウトウトしてしまっていました。
看護師さんに促されて帰宅したのは7時頃。陣痛がいよいよ始まった前日の夕方から12時間程経っていたのでした。



その後、両親、親族、知人、友人など連絡したりされたりして何日か経っています。仕事帰りには寄っていますが、オムツ換えやミルクを上げるのは思ったよりすぐできました。おしっこしたのでオムツ替えたらすぐうんちしてカチンときたりしましたが、そんな所もまさに愛嬌なんですね。
妻とは職場が一緒ですのですぐに情報は広がってしまうのですが、皆さんに祝っていただきうれしい毎日です。
名前も既に決めていたので後は漢字だけ、なんて思っていたんですが妻が出した案で決めました。なんか皆名前を聞きたがるんですよね。教えたら「円(仮)っぽいね~」と言われるんですけど、そうですかねぇ。
なんかいかにも平成生まれな名前だけは避けたかったんですよ、当て字みたいな奴とか。
あんまり吟味してつけたわけでもないですが、それなりに意味はあります。広い意味では「幸せな男の子」という字ですがただの「幸せ」ではなく「ちょっとした幸せ」という謙遜の美学的な字(笑)なので、そんなに大袈裟なものじゃなくていいから、至極一般的で良いから、「幸せ」を掴んでもらいたいし他の人にも分けてあげられるような子になって欲しいです。

両家の父(祖父といっても言いか)達は10月を待たずしてタバコ禁止令が発令されました。
既に「風呂に入れるんだ」「遊んであげるんだ」と、自分の子以上に溺愛している様子ですが、タ禁止令を破った時点で隠居していただく予定です。どっちもヘビーだからね。親が子にするのは「勘当」ですけど、子から親ってなんていうんでしょうね(笑)とにかく、そこはシビアにいきたいと思います(笑)



言い訳ですが、職場から病院よって帰宅するとご飯作る時間がないので、しばらく行ってなかったお弁当屋さんとかコンビニにお世話になってます^^お昼も職場でとってるお弁当が一時的に復帰。
別に洗濯とか掃除はいいんだけどね、ご飯の用意って改めてめんどい。妻のありがたみを実感しております。特にお弁当がないのが一番痛い。あれを楽しみに生きていたようなもんですから。
まぁ、余裕ができたら久しぶりに自作弁当もしたいと思います。
よく聞きますけど、仕事終わった後に妻と子どもの顔を見ると落ち着くって本当ですね。疲れが飛ぶ!とまでは言いませんが(笑)かなり癒されております。泣き声も全然苦にならないし(今のところですけど^^)。
とりあえず、父親スタートができたのかなぁ。応援してくださった方、今までもこれからもお世話になるであろう方々に感謝しながら、ゴールはまだまだ先ですが、ちょっとずつ、妻や子どもと一緒に進みたいと思います。


まずはサッカーとゲームを一緒にやるところから始めるか・・・っていつになるやら。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおwwww
御出産おめでとうございます!w
「ちょっとした幸せ」・・。
いいですねーw

ちなみに俺の本名にも「幸」の字が入ってますw
なんか嬉しいなぁ^^
Posted by URL 2010.09.27 Mon 20:14 編集
お久しぶりですよ~^^
PCにホコリ積もってましたw
おぉおー オメデタですね^^
お父さ~んq(・ェ・q)ルン♪
Posted by さどまる 2010.09.30 Thu 16:15 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]