忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◇こっちもケンミンショー

私の資格の全国学術研究会がありまして、東京は田町に来ております。

参加者は190名とのことですが、それこそ全国津々浦々から集まっています。
えらい先生のありがたいお話(笑)も大変ありがたいのですが、懇親会での会話に正に某ケンミン番組です。
私も久しぶりに飲んだからか美味だったビールにも煽られて、結構話しました。
基本的には愚痴になっちゃいましたけども。同じ職種とはいえ初対面なのに付き合っていただいた皆さんありがとうございました。


◇久しぶりに書いて見ましょうか

ゲームレビュ~

SFC「ファイアーエムブレム~紋章の謎~」シリーズ三作目。
シリーズ一作目のFC「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」のリメイク&続編。
第一部を「暗黒戦争編」として「暗黒竜~」を(省略されたマップもあるが)リメイクして収録。
第二部を「英雄戦争編」として「暗黒竜~」の続編を描きました。

最初から1部から始めるか2部からか選択できますので、FC版をクリアした人は2部から出来たりします。
でもビジュアルが大きく変化してますので1部から初めても大分新鮮な気分でプレイできます。
このリメイクにあたって、当時のディレクターの加藤氏は、後のシリーズには登場する転職システムをいくつか考えていたそうですが、2部構成にした際に容量が足りず断念したそうです。また、まだ実現していませんが、魔法などで攻撃した際に声を出すなどの案もあったそうです。
ゲームキューブ版からムービーシーンなどでキャラがしゃべるようになったので、戦闘でしゃべるのも時間のうちでしょうね。

FC版から変わったところは、先述したとおりまずビジュアルに目が行きます。また楽曲も辻横さんが手がけていますが、暗黒竜のをそのまま使うのではなくで、先に作った2部に合わせて1部も編曲しています。
一部上級職への転職幅が広がり、FC版でちょっとひ弱なイメージだったキャラが最後まで使えることになった。これによってほとんどのキャラが「育てたら育てた分だけ応えてくれる」ということになったため、キャラゲー(特定のキャラクターに愛着をもつようになるゲーム)としての色がますます強くなりました。

攻略については基本的にはFC版そのままなので、防御力の高いユニットで壁を作り、間接攻撃ユニットで弱らせたところを、剣士系や騎馬系ユニットで撃破していく、という流れで最後まで進めます。
一番大切なのは、他のシリーズに比べて各ユニットが充実しているので(アーマーナイトだけでも4人いる)どのユニットをどれだけ使うのか、というバランス調整でしょう。
基本的には初期から仲間のアリティア騎士団を育てていれば問題ないです。特に貴重な間接ユニットであるアーチャーのゴードンは、最初は足も遅いし直接攻撃されたら反撃できずすぐ死ぬので使わなくなりがちですが、上級職であるスナイパーになってからは鬼神の如き活躍をしたりします。
あとは好みで魔法ユニットを1~2体、回復ユニットを1~2体、飛行ユニットを1~2体が丁度いいと思います。

でも、違う見方をすると、今作は全てのユニットの成長限界が一緒なので、「空を飛べる」「間接攻撃ができる」と言った、特殊なユニットの方が最終的には使えます。なので、移動力の高い騎馬ユニットと飛行ユニットだけの編成にしても面白いかもしれませんし、城の中で唯一槍が使えるアーマーナイト系で守備重視な編成もいいし、全ての魔法&回復系ユニットを「司祭」にクラスチェンジさせて魔法軍団にしても面白いかもしれません。
当時は長髪美形のイケメンキャラが多かったので、お姉さんプレイヤーも多かったですね。ナバールとかマリクなんかがいいのかな。
シリーズ伝統のコネタも健在です。一作目には「主人公マルスが必殺攻撃を出すときだけ、攻撃モーションが変わる」というのがありました。具体的にいうと、武器をクルッとまわして敵に向かって走り斬りかかる、というものです。今作ではマルスはもちろん、初期からいるアーマーナイトのドーガが必殺攻撃を出す際に槍をクルッと回す、というモーションが追加されました。
ドーガは重い鎧をきてノッシノッシと歩くので、攻撃に時間がかかるのですが、その間に「回るか回るか・・・」と祈るような気持ちで見守り、回った瞬間は思わず「回った~!!」と声に出してしまうくらいでした。
ここから後のシリーズは「必殺を出す際には武器をクルッと回す」ということが定番になりました。
シリーズを重ねるにつれてモーションもかっこよくなってます。動画サイトで確認できると思いますので興味あったらどうぞ。
あと盗賊のジュリアンが二回攻撃された際、二回とも避けると、二回目にバック転するとか。速さのステータスが高いジュリアンが二回攻撃されることも稀だし、二回とも避けることも稀なので、滅多にみれないですが、面白いです。

wiiのVCで配信中ですので是非興味もったらDLしてみてください。
ちなみに私は「ブラックナイツ・カミュ」で止まってます(笑)

◇いつもの

明日のホテルの朝食が気になる。外れはないだろうけど、当たりでもないだろうなぁ・・・。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]