忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



DSCN1743.jpg
どんどこど~ん。

Welcome to 渋温泉!








改めまして、山ノ内町渋温泉に行ってきました。
私達家族が宿泊したのは7月31日からですが、イベントは前日の7月30日から開催されております。
以前にも書きましたが、一応説明しますと、昨年末から今年年始にかけて開催された、渋温泉とモンスターハンターポータブル3rdとのコラボ企画が、好評につき今夏も開催となったわけです。
題して「ユクモノ気分で、狩り・釣り・祭りだ、ドンドコドーン!!」。
ネーミングの突っ込みどころですが「ドンドコドーン!!」は今回のテーマの夏祭り&盆踊りの太鼓、すなわちモンスターハンターポータブル3rdでいうところの村ジンオウガ討伐後のムービーの様相というわけです。

前回のイベントよりも企画やグッズも増え、スタッフさんの方でも「第二弾ではなく、新たなイベントとして考えてもらえば」という思いがあるようですね。

私自身とすれば、近くに住んでいながら、結婚、出産を重ねて、年末年始はどうしても無理と参加できなかったイベントにまた参加できるチャンスを貰えたのが率直にうれしかったです。




というわけで、やってきた渋温泉。新潟の豪雨もあったので心配していましたが、天気もなんとか通り雨程度におさまってくれて良かったです。
宿泊した旅館は「春蘭の宿 さかえや」さん。赤ちゃんへのサービスが充実していたので選びました。予約した後宿泊したことがある職場の同僚にきいてみると「良い旅館」とのことで期待していました。
DSCN1737.jpg
宿泊したお部屋。一番広い部屋を用意して頂いていたようです!
12畳。広っ!
初めから息子用に小さい布団と毛布が用意してありました。感謝。

全体的な様式もさっぱりしていて良いです。バス付き。



DSCN1738.jpg
正面の窓からメイン会場が見えました。
ちょっと解り難いですが、紅白のテントがあるところが集会所や屋台のテントです。櫓や提灯なんかも見えます。

クリックするとちょっと拡大できると思います。



ちょっと「さかえや」さんの事を書きますと、女将さん自身が子どもを連れて旅行をした時に苦労したそうで、自分の旅館ではお客さんにそんな思いをして欲しくないとのことで、赤ちゃんへのサービスが充実しているのだそうです。予約確認の際にいつも使用しているオムツを確認して、当日同じものを用意してくれているとか(当然使いたい放題)、大浴場の更衣室に赤ちゃんベッドとオムツが常備されているとか(しかも男湯、女湯どちらにも)、離乳食を無料で提供してくれるだとか、今回の私達のような家族には大変うれしいサービスが沢山でした。
もちろんそれだけがこの旅館の良さじゃないですけどね。それはまた後ほど。

とにかくモンハンのイベントをするためにはパスを貰わなきゃ、ということで荷物をまとめたら前売り券との交換所へ。私のパスは「421」番でした。イベント2日目の午後でしたが、もう400名以上が見えてるってことですよね。ちょっと感動。
会場に人だかりが出来ているなぁ、と思ったら丁度持ちつき大会をやっているところでした。
参加者有志の方(どこかのハンター諸氏)が溜め3でキネを振って・・・いたかどうかは別ですが、力強く餅つきしています。毎日やってるイベントではありませんし、モンハン部員は無料になるのでちょっと食べたかったのですが、思いのほか大人気で長い行列が。着いたばかりということもあって早々にあきらめました(笑)

コラボ土産を頼まれていたのもあってお土産屋さんに。今回のイベントで新たに商品化された風呂セット(バスタオルや手ぬぐい等)、番台さんのセンス、「白い狩人」などを購入。ステッカーは外せません。PSPデコレートステッカーも販売している、との情報でしたがそれっぽいのは見当たらず。残念。購入した所でもう自分のPSPは「サマーウォーズ」使用になっているので貼ることはできませんが、コレクションとしても欲しかったですね。

前回のイベントでもあったユクモ印の下駄なども売ってましたので、そちらも購入。これは頼まれた土産ですが、店のおじさんも「良いのを買ってって」と一緒に形や作りの良いものを選んでくれました。
流石に息子を抱きながら持てる荷物に限界があったので、「カゴとかありますか?」なんて聞いたのですが、そもそもこんなに買う奴想定してない、といった風でおじさん達が皆あたふた。取りあえずレジ横に一個ずつ預かってもらいました。

前回イベントに参加した方のブログ等に書き込みがありましたが、スタッフさん達皆さん「はい、合計○○ゼニーです!」と言って下さいます。私自身はそういう物だと納得してるので良いんですが、そこで妻が「本当にゼニーっていうんだ」とか「白い恋人じゃないんだ」とか、スタッフさん達の愛を踏みにじる、空気読めない発言をするので「いや、これは温泉の皆さんの愛なんだから」とフォローをしなきゃなりません。

「なんでそういうこと言うかなぁ。スタッフさんだって良いお歳なんだから、もしかしたら心の奥底では「なんでゼニーって言わなきゃならないんだ」「こっちだって恥ずかしいだ」なんて思いが少なからずあるはずなのに、それでもイベントを楽しみに来ている私みたいな輩のために、笑顔で言ってくれているんだから。その好意を冗談でも笑っちゃいけません!!」
・・・と本当は言いたいのですが、妻はモンハンはおろかゲームへの興味はゼロの人なので、言っても無駄ですから「まぁまぁ。」なんて言いながら、小分けにしてもらった沢山の袋を抱えて会場を後にしました。

一度お土産を旅館の部屋に置いてから今回のメインと考えているスタンプラリーに行こうと考えていたのですが、その旅館へ帰る道中に様々な方とすれ違います。
オフ会であろう、団体さん。なんか全身キャラグッズなカップル。メガネでちょっとぽっちゃりでほっぺになんかを詰めたままみたいな話し方をする、という妻のオタクイメージピッタリな人。などなど・・・。
その間妻はずっと「ウケる~」「まじウケる」を連発。
ここでも、むしろ浮いてるのは君だからね、と説き伏せなければなりません。

「てんめ、このやろ、皆モンハンで繋がってる狩友だぞ!馬鹿にしてんじゃねぇ!」
・・・と本当は言いたいのですが、妻はモ(以下省略)
「まぁまぁ、俺も大して変わらないじゃんか」と話しながらホテルへ帰りました。

部屋に帰っていそいそとユニクロ・アイルーTに着替える私を怪訝そうに「本当にそれ着てくの?」と聞く妻に「もちろん!これはハンターとしての意気込みがドウノコウノ」「俺が着なくて誰が着る、これはもはやアアダコウダ」と講釈垂れて出掛けたのはいいですが、結局息子を抱っこ紐で前に抱えていたので誰もアイルーTだと気付かず。トホホ。

スタンプラリーはちょっとトラブル?があったらしく前回の旧バージョンができなくなっていました(8月2日から同時開催できるとのこと。良かった良かった)。残念でしたが、加工屋さんで新バージョン手ぬぐいを買い出掛けました。

スタンプラリーは「厄除け巡浴外湯めぐり」といって普段から行われているものです。今回はそのスタンプがモンスターになってるってことなんです。
もともと渋温泉には9つの外湯が、また薬師如来の温泉鎮護があり、それにあやかるため一つ一つ外湯をめぐって、最後は渋高薬師を参拝するのです。
それぞれの御利益は以下の通り。
一番湯:初湯・・・胃に効くと言われ、別名胃腸の湯。
二番湯:笹の湯・・・病気回復期に効果があると言われ、仕上げの湯と言われる。
三番湯:綿の湯・・・白い湯花が多いため、その名がつく。
四番湯:竹の湯・・・慢性痛風に効く。
五番湯:松の湯・・・神経痛に効く。
六番湯:目洗いの湯・・・目に効く。肌が綺麗になるので美人の湯とも言われる。
七番湯:七操の湯・・・外傷性の障害に効く。
八番湯:神明滝の湯・・・子宝の湯。
九番湯:渋大湯
本当はそれぞれの温泉に入ることで「苦(九)労を流し」不老長寿や厄除けの御利益があるとのこと。ですから通常は旅館で外湯の鍵をもらって手ぬぐい持ちながら一つずつまわるんですね。

今回は小さい子もいたので外湯に入るのは断念し、スタンプラリーだけしました。スタッフさんに聞くと別に順番通りじゃなくて良い、ということと、渋高薬師に猿が出るのでクリアスタンプは加工屋で押す、ということを教えてくれました。流石山ノ内、猿が出るのね^^;

初め自分でスタンプしようと思っていたのですが、設置されている机の高さが微妙で、息子を抱っこしながら屈みこんで手ぬぐいにスタンプは至難の業で、妻に頼むことにしました。
妻は加工屋で私がスタッフさんと話している間に金具屋さんを撮影しに行くとかフリーランスにしていたんですが、スタンプを頼まれるとA型の血が騒ぐのか、几帳面に押してくれました。

DSCN1746.jpg
妻が勝手に撮ってた金具屋さん。「千と千尋」の原案になったのは有名。
この写真を見て「しまった!さかえやさん撮って無い」と気付きました・・・。

ブログ初めの橋を取った写真奥の真ん中から左にかけて建っている白い建物が「春蘭の宿 さかえや」さんです(焦)




ちなみにコラボ企画のスタンプラリーは当然手ぬぐいの仕様もオリジナルで、それぞれの外湯にモンスターが割り当てられています。そこにゲーム中クエスト依頼分やモンスター図鑑の画面などで観るモンスターのアイコン形のハンコをポンと押していくわけです。

今回のモンスターは以下の通り。
一番湯・・・ウルクスス
二番湯・・・ディアブロス
三番湯・・・リオレイア
四番湯・・・ウラガンキン
五番湯・・・ドボルベルク
六番湯・・・ジエン・モーラン
七番湯・・・イビルジョー
八番湯・・・アカムトルム
九番湯・・・ウカムルバス

DSCN1753.jpg
パスと共に。見にくくてすみません。
最後「クエストクリア」ハンコを押すのですが、ど真ん中にわざと斜めに押した嫁さんのセンスあっぱれ。偶然にもゲーム画面で観たあの感じ。
手ぬぐいには「日頃のハンター生活の九(苦)労をながし、九頭(湯)の外湯ながし」と書かれています。
家に帰ってから寝室の壁に飾りました。かなり良い感じ!!


他の参加者の方は外湯入りながらの方が多く、入っていない私達はぶっちぎりに即行で終わりました(笑)といってもお土産屋さんとかお饅頭屋さんを覗きながらで、1時間くらいだったでしょうか。
五番湯でご近所のおばちゃんが手ぬぐいもって入りにきて「こんにちわ、いらっしゃい」と声をかけてくれました。観光地ですから当然と言えば当然ですが地域あげて歓迎してくれてると感じてあったかくなりました。夏休みで地元の小学生とも会いますが、皆当然の様に挨拶してくれます。これも当たり前と言えば当たり前ですが、最近はできない人の方が多いよね。

DSCN1749.jpg
スタンプラリー中に寄った、「狩猟祈願神社」。
ご覧の通り、前日に暴風雨があったためか周りを強固に守られていて、なんだか周りと若干ミスマッチだったのが残念。
でも仕方ないよね。





「小古井菓子店」は温泉饅頭やパンを売ってるお店ですが、4つある饅頭屋さんで一番美味しかったかな。アイルー饅頭と、小腹が空いていたのでクリームパンも買いましたが、どっちも美味しかった。パンも昔ながらの包装で雰囲気良いんです。妻のお気に入りでした。結局帰りはお土産の温泉まんぢうをここで買いました。
DSCN1754.jpg
アイルー饅頭&黒糖饅頭。
しぶざる君の顔の焼印の黒糖饅頭は「西山製菓」さんの。






結構海外からの観光客の方もチラホラ。スタンプ押してる時にブロンドの団体さんが通りかかって、めっちゃ良いスマイルを向けられて、こちらも夫婦で負けじと爽やかスマイルを返しました。
まさかイベント目的じゃあるまいな!?と首にパスを下げていないか確認してしまった私・・・。

DSCN1750.jpg
♪皆も笑ってる~
  お猿もわらってる~
     る~るる るるっる~♪

石畳のマンホール。いい味です。






さて、私達は「ハンタープラン」で宿泊しているわけではないので、お楽しみの夕食があります。ハンターの皆さんは、お土産&朝食付きの「ハンタープラン」、カップルの方々用「カップルプラン」で泊ってる方が多いと思います。お土産限定のトートバッグを持ってるか持ってないかで見分けがつきます(笑)。「ハンタープラン」の方は屋台とか温泉街のお店のコラボフードを食べるから夕食無いんですよね、きっと。

「さかえや」さんでは食事時に専用の個室をご用意して頂けます。
食事にも力を入れている、とのことで、楽しみにしていたんですが、予想を遥かに上回る内容でした

DSCN1759.jpg
地ビール「ミヤマブロンド」。お米「美山錦」を使ってるみたい。度数も普通のビールより高い7%。
これ美味いッス。酒屋の息子が言うんだから間違いない。

「信州サーモン」「佐久鯉のお造り」「みゆきポーク」と。
全部美味い。とにかく美味い。「みゆきポーク」衝撃でした。


離乳食も事前に固さとかアレルギーとか確認してくれます。この日はおかゆに野菜の煮物にかぼちゃスープだったかな?うる覚えなのは、オヤジは一人で飲んでいい気分になってたから。授乳中で飲めない母ちゃんが立腹だったのは言うまでもないです。
デザートの「そばぷりん」も美味でした。プリン愛好家としては至福の時。

余談ですが、夕食の食事係をして下さった女中さんが結構話のわかる方だったんです。「モンハンて凄いゲームなんですってね」なんて。よくよく話を伺ってみたら、息子さんが業界の方で、一人は「ロストオデッセイ」のメインのスタッフさんだそうです。ミストウォーカーにお勤めなのかなぁ。
「ロストオデッセイ知ってます?」と聞かれて「はい」と答えたものの、「まだクリアしてない」とは言えず^^;
ちなみに妻は「やったことあるよね」と私に話していたけど「カプコンの奴だよね」と言っているので完全に「ロストプラネット」と勘違いしている・・・。




初めに書いた通り、この期間渋温泉は夏祭りですので、夜は7時頃から屋台がでます。「ヨーヨー釣り」とか「輪投げ」とかです。
「さかえや」さんもフロント前のロビーでお祭り開催。私は遊びより食欲に駆られこの時間限定の「みそプリン」をいただくことにしました。出てくるまでフロントスタッフさんに「夕食のそばプリン美味しかったのでそっちも買えるようにして欲しいです」なんて話をしていたら、出てきたみそぷりんがこれまた絶品でした。そんなに味噌味はしません。みそと言われなければわからないくらい。塩味というか味噌のうま味を感じるような。あれはもう一度食べたい。そして食べ終わってから写真をとっておけば良かったと後悔。今回こんなのばっかり。

ライトアップされた会場はどんなかな?と思ってカメラを携え、浴衣&下駄で行ってみました。慣れるまで歩きにくいですが、石畳をカランコロンと歩くだけで風情を感じます。
DSCN1762.jpg
誰もいなーーーい。
お土産屋さんにチラホラいるだけで会場誰もいません。集会所も19時までですし、土日で帰った方も多いんでしょう。
ただイベントは21時までなので屋台の店員さん達は大変だなぁ・・・。




DSCN1766.jpg
やぐらの太鼓。これが活躍するのは8月14日からです。







DSCN1763.jpg
ニャン泉岩。
前日の豪雨では滝が増水し姿が見えなくなったそうです。
スタッフさん達は壊れていないか心配していたそうですが無事でした!

そう聞いてから観ると、猛烈にご利益ありそうな気がして思わず合掌。



バシャバシャ撮ったら、誰もいないのでそそくさと退散(笑)。



「さかえや」さんの近くに、酒屋「たまりや」さんがあります。
先ほど飲んだ地ビールの味が忘れられず(笑)入ると、外人さん達もお買い物中。そこで若いブロンドの兄ちゃんがチップスターを買いながら英語で何やら話していたんですが、モンハンとカプコンのことを話していることは聞き取れました。酒屋の女将さんはいつもどおりの接客して基本英語はシカトしてましたが、本当は売ってるコラボドリンクのこと話したかったんじゃなかろうか。持てるだけの言語力と身体的表現力で介入した方が良かったんじゃなかろうか。
・・・とちょっと余計なお節介を考えながら(酔ってるからね)、先ほどの地ビールに「アイルービール」と「ユクモラムネ」と「アイルー村Gコラボ・バヤリース」を買って帰りました。
DSCN1772.jpg
ラムネとバヤリース。
「ユクモラムネ飲んで防御力が上がったよ!!」って言うべき所ですが、
うん、ラムネとバヤリースです、普通の。どちらも昔を思い出すね。

アイルービールは飲んでから感想書きます。



なんやかんやしていたら夜の9時になりましたが、妻がお風呂に入っている間は息子を観てないといけないので出掛けられず。かといって出掛ける気力も実は残っておらず。
妻が戻ってきてアイスを食べながら涼んでいるうちに寝てしまいました(爆)イケメンパラダイスのエンディングで「ラブフラゲ~♪」って流れてるとこまでは記憶にあるんだけどなぁ~。
夫婦水入らずでゆっくりしたかったであろう妻には申し訳ない。多分「あの時先に寝た」というのはしばらく何かにつけて言われそうです。

・・・てあれあれ?イベント話は!?リアル集会所は!?クーラードリンクは!?ボコボコーラは!!!?



朝5時30分に大浴場にいったら誰もおらず貸切状態。
あれ?まさか・・・、と思って表の暖簾の確認に戻ってしまったのは内緒です。寝ぼけて女湯入った、とか洒落にならないし。

更衣室に3種の「身体に良い入り方」みたいのが書いてあって面白かったんですが、それも撮ってき忘れた。くっそ~。
90センチの深い浴槽の底に大きさの違う石があって丁度足のマッサージにもなるんです。絶妙に気持ち良かったなぁ。

朝食もばっちり食べました。もう言い過ぎですけど、美味すぎて普段しないお代わりいただきました。

途中から気づいたと思うんですが、モンハンイベントどうでもよくなっちゃって、純粋に温泉を楽しんでました。結局ブログに何を書いたらいいんだろう?ってなっちゃってましたし。
だからツイッターにも書きましたが、今回は、モンハンを楽しむんじゃなくて、モンハンをきっかけにして渋温泉て良い所だなと確認できた旅行だった、ってことです。
息子も無事初温泉入りました。心配をよそに何でもない顔して入浴してました^^いや~良かったねぇ。そもそも生まれて初めての家族旅行でしたから、食べること、寝ることから全て心配はしてしまうものですが、終わってみたら無事楽しめました。めっちゃ寝てたしなぁ。これも数々の手厚いサービスのお陰ですね。

また行きたいです、渋温泉、「さかえや」さん。
本当にイベントスタッフの皆さん、現地の皆さんに感謝ですね。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]