忍者ブログ
何年経っても形が定まらず。イロイロ、テキトーに書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◇また大きなうねり

hi!everyone!
今年もE3が開幕されましたね~。今回はロサンゼルスなんですね。

今回はE3について個人的な観点から(XBOXを中心に)まとめてみたいと思います。


◇箱サブロー改

6月15日から開催されたE3。そのプレリリースを紹介します(XBOX.comより)。

・『XBOX360 E310 Media briefing』にて「project Natal」正式名称「KINECT」発表。及び発売予定タイトルの発表が行われた。
タイトル一覧
「Call of duty:Black ops」
「メタルギアソリッド ライジング」
「Fable Ⅲ」
「Gears of war 3」
「Halo:Reach」

「KINECT」のデモプレイでは今まで発表されていた動作反応タイプのゲームに加え、音声認識によるインターフェースの操作も披露されました。ビデオチャットや、同じ映画やPVを見ながら話しができる機能もあります。
1080pのHD画像をストリーミング再生できる、XBOX live上のサービス「Zune」も発表されました。日本では今秋からのサービス開始だそうです。
「KINECT」専用タイトルはE3の発表の時点で8つ。動物と触れ合うもの(ninten dogsみたいな?)や体感ゲームではお馴染みのスポーツゲームやフィットネスゲームなど。「KINECT」発売時には15タイトルになる予定とのこと。
また「KINECT」対応タイトルとして「STAR WARS」、「Forza motersports」が控えているそうです。前作の場合、例えばライトセーバーを劇中同様自由に振るうことができ、後者の場合は、車をヴァーチャルに触れたり乗り降りすることができ、もちろん今までのシリーズ同様レースもできます。
これらの全てがコントローラー無し、つまり手や身体に何もつけない状態でプレイできます。

・さらにサプライズで新型XBOXの発表。「XBOX360 250GB」。日本発売は6月24日(木)。定価29800円。
既存の本体より一回り小型化。問題となっていた消費電力の低減化をはじめ、軽量化や静音性の向上と最新Wi-Fiに対応。今までの接続端子は全て搭載済みで「KINECT」専用端子が付属。
HDDはちょっと見るとフラッシュメモリタイプになってるのでしょうか?かなり小型になっています。
こうしてみると旧型との互換性はコントローラーくらいじゃないでしょうか・・・。

1080pのHDストリーミングを謳ってるわりには付属がAVケーブルなのね^^;なんかジャックが2本になってましたね。アダプターも冷却装置が小型になってます。お弁当箱から水筒になったって感じでしょうか。
アダプターのプラグの横にあった接続端子がHDMI用でしょう。USBは前面2つの背面3つの5つになってましたね。あとはLANとKINECT端子でしょうか。
コントローラーは同じフォームだって言ってましたね。ブラック基調のクロム仕様なのはKINECT本体とのデザイン統一です。

◇ソフトラインナップ

個人的にはセガの「ベヨネッタ」チームが作る「ヴァンキッシュ」と「フロントミッション イヴォルヴ」が気になります。あとPV的には「マーブルVSカプコン 3」がお気に入り。今回はダンテとか出るみたいですね。アイアンマンも劇場版仕様になってたり細かい^^
ただ、今回のフロントミッションはTPSなのがちょっとなぁ。戦闘PV見る限りでは楽しそうですけど、AVパートのPVはちょっとゲンナリしました。あれはないわ。日本人には物語も重要なのよ。
この三作は多分マルチプラットフォームなんでしょうね。ps3の方でも出るかな。あれ?フロントミッションはPCでも出るのか。

◇任天堂

任天堂の方はちゃんと見てないですけど、岩田社長と宮本さんの話は面白いので聞きました。
「NINTENDO 3DS」遂に発表ですね。話は出てたけども形として登場したのは初じゃないのかな?

裸眼立体液晶搭載、ということでしたが、個人差のある視野に対してどうするんだろう、と思っていたら、立体の調整にはアナログな調節つまみがついてるみたいですね。
つまり自分の見やすいように立体の調整ができるみたいです。あの「明るさ」とか「音量」みたいに。「そこは絶対アナログじゃなきゃだめだ」とか流石宮本さんです。
あとはモーションセンシングとジャイロセンサーの搭載か。なんかおもちゃというより未来の秘密兵器みたいですね^^
多分海外のファン層も意識してFPSなどがプレイしやすいように、「画面を動かすとゲームの世界の景色も動く」という機能みたいです。
3DSを持って上を向くとゲーム中でも上を向き、下を向いたら同じようにゲーム中でも下を向く、とかね。
でもそれ今みたいに電車の中でプレイしてたら本体を上げたり下げたりして変な人だと思われるかもしれないですよね。
立体カメラの搭載は面白い試みだなぁ、と思いました。撮った写真が立体にみえる、とかどんな感じなんでしょう??興味深いですね~。

あれ?ソニーはなんか発表あったのかな・・・?興味なし^^

◇前回の話の続き。

「FE新・紋章の謎」ですが、公式サイト立ち上がりましたね。今回プレイヤーは軍師ではなくて、ユニットとして登場!?なんてこったい。「顔や性格や生い立ち、職業を設定できます」!?どうでもいい!!
やっぱりキャラクターとの会話シーンはあるみたいです。成長するとジェイガン(主人公のお付きの老騎士)から「もはやお前に教えることは何もない。お前も立派な騎士だ」みたいなこと言われたりww
ネタとしたら面白いけど、どうでもいいわぃ。昔むか~しの同人誌で沢山の人が書いたものが本当にゲーム内で再現されるとは。当時のファンは夢にも思わないでしょうねぇ。
前作「新・暗黒竜~」であった武器、道具のWi-Fi配信は今作でもあり、さらに追加エピソードの配信も予定とのこと。・・・それはちょっと興味あるな・・。

「ゼノブレイド」ですが・・・。やってます(笑)
OP音楽が下村陽子で、ED音楽が光田のみっちゃんだ!それだけでも買い!でしょう。
序盤の序盤。レベル9くらいまでやってみましたが、コマンド選択式のフリーバトル?とでも言えばいいんでしょうか。操作キャラのアーツ(技)を出すタイミングや位置取りを操作するだけで、あとは完全にオートバトルです。まだ物語のキーである、「モナド」を持ってないので、派手な演出とかは余りないですが、モノリスソフト特有の広いフィールドが良い感じ。ただ走りまわってたり泳ぎまわったりするだけで楽しい。Bボタンでジャンプとか「ゼノギアス」をちょっと思い出します。
結構何もしないだけで昼夜過ぎてしまうのですが、任意で時間を変更できるので、「特定のモンスターと戦いたい」とか「夜しか現れないキャラのサブクエストこなしたい」とかストレスフリーでできます。どこでもセーブも非常に良い。これ結構大事ですよね。

バトルですが、キャラクターが増えてくれば属性攻撃とかチェインアタックとかできて楽しいと思うんですけど、武器のリーチによって離れすぎると攻撃できない、とかあるので、意外と慣れるまでは「?」って感じです。
仲間は的確にアーツを繰り出す(例えば敵が後ろ向きならば、後方からのダメージが高いアーツを使うなど)ので、正直ポカーンとしていても戦闘は終わります。これは「ソーマブリンガー」とかと一緒ですね。
個人的には「ソーマ~」みたく、アーツがボタン割り振り式でもよかったですね。「aボタンは回復、bボタンは攻撃、yボタンは魔法でxボタンが対空技」とか自由に設定できたあのシステムがとってもやりやすかったので。
音楽は最高です。言うことありません。

◇いつもの

モンハンF発売日に新型箱さぶろーも発売。
わかってたならマイクロソフト執行部とカプコン執行部はβテストのためにエリート買った皆さんに土下座必須だと思われます。
KINECTもヘッドセット不要とかね。
米国でも発表された日(6月15日)からいきなり発売って、どうなのそれ。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ご自由にどうぞ。なんかゲーマーブログぽい。
twitter
最新CM
[01/11 円@マスター]
[01/10 さどまる]
[11/01 円@マスター]
[10/31 さどまる]
[03/21 王子(hiro)]
[03/20 円@マスター]
[03/13 王子(hiro)]
[02/28 円@マスター]
[02/26 イカ]
[02/03 王子(hiro)]
最新TB
プロフィール
HN:
empty_dall
性別:
非公開
職業:
人の間に割り込んだり割り込まされたりして滑りをよくする潤滑油的な何か
趣味:
文化的なこと多方面。映画、音楽、ゲーム。サッカーは専ら観るだけに
自己紹介:
どういう人かって他人に聞いたら「静かな人」
自分としてみたら「理屈っぽい人」

酒に酔うとさらに真面目になり、持論を展開して語り始める。気が付くと周りの全員がうなづき聞いている。本人はおちょこで酒飲んでる。動画で撮られてた。本人だいたい覚えていない。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]